南山焼 赤楽鳩香合【錫繕い】

【詳細画像 (Detailed image)】

鳩型の香合です。
南山焼とは江戸中期に浅井周斎が創ったとされている窯です。
こちらは底部に"やはた南山"と銘があり、復興された南山焼の物で明治から大正頃の物と思います。
復興されたと言っても時代の波により数年ですぐに廃窯となったようです。

さて、こちらは掌サイズの可愛らしい鳩。
色味と荒めの貫入が渋可愛いです。

残念なことに底部はパックリと割れてしまっておりこちらで修繕しました。
直しはいつも実験的ではありますが良い雰囲気に蘇ったと思います。



※共箱が付属します。
底部の割れを本漆・本錫を用いて繕っております。
通常使用については問題ございません。
使い込む事でさらに鈍い銀色に育ちます。
強く擦ると錫が剥げてしまいますので、メラミンスポンジやたわしなどのご使用はお控えください。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
直径:約9.0×6.0cm
内径:約4.7×3.8cm
高さ:約6.5cm

修繕:金継師 酒井 健一 【instagram プロフィール】
定価 16,500円(税込)
販売価格 11,000円(税込)
在庫数 残り1点
購入数


おすすめ商品


陶製サトちゃん人形4

5,500円(税込)


硝子海綿入れ

0円(税込)
SOLD OUT


江戸硝子小皿

11,000円(税込)


羊ぬいぐるみ

0円(税込)
SOLD OUT


緑釉銀化壺

27,500円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top