虫明焼茶器

【詳細画像 (Detailed image)】

虫明焼の急須と茶杯4客のセットです。
江戸時代から現代まで続く岡山県の焼き物。
こちらは明治から昭和初期頃の物と思います。

土物の良さを活かした質感。
絵柄は花?でしょうか。全く読み取れないのですがこの色味とマッチしていて素朴な表情をより引き立てているように思います。

急須は細く繊細な注ぎ口と持ち手のバランスも良く可愛らしくも洗練された造り。
茶杯の高台は非常に薄く造られており、土見せからも良質な土を使っている事がわかります。

内部は施釉されており清潔にお使い頂けます。
使用痕少なく使い込むとさらに良い質感に育ちそうです。


※特筆すべき疵や欠けなどなく良いコンディションです。
古い時代の物ですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
急須
幅:約11.3cm(注ぎ口から持ち手まで)
高さ:約6.8cm(つまみ含む)
胴部径:約7.7cm
開口部:約4.2cm
容量:約150ml(なみなみいっぱいまで)

茶杯
直径:約6.0cm
高台径:約2.0cm
高さ:約4.1cm
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


斑硝子花瓶

19,800円(税込)


白磁福助

0円(税込)
SOLD OUT


萬古焼横手急須

27,500円(税込)


銅製招き猫

88,000円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top