横手急須

【追加写真】

横手急須です。
明治頃の物と思います。

底部に屋号と思われる墨書きがありますが銘は無く産地は不明。
萬古焼が近いような気がしますが、京焼もしくは当時の作家の作品の可能性もあります。
僕としては”古い物の痕跡を探す”という基準はあれど銘などは無い方がむしろ嬉しく、産地やブランドよりも自分の眼で選び取ったという自負があり嬉しかったりします。

クラシックな器形に錆た鉄色とも言えそうな、弾くと金属のように焼き締まった素地。
鉛を含む古手の釉薬からは、色表現では言い表せない独特の発色と艶めかしさを放っているように思います。



※注ぎ口に若干のホツレがございます。
その他特筆すべき疵など無く良いコンディションと思います。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


size
高さ:約5.9cm(つまみ含む)
幅:約8.0cm
開口部:約5.7cm
容量:約150ml(なみなみいっぱいまで)
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


κ疹匿綽Х水

0円(税込)
SOLD OUT


瑠璃釉六角蓋付瓶

0円(税込)
SOLD OUT


古錫紋入注器

14,300円(税込)


八角枯板

4,620円(税込)


漆塗高坏

22,000円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top