錫製角徳利

幕末頃の錫製角徳利です。
赤漆で屋号が書かれており、当時のお花見などに持ち出すお弁当箱セットの一箱です。
セットに収めるための非常に合理的な造り方ではありますが、とにかくかっこよくて惹かれてしまいました。

使い込まれたというよりは経年で育った鈍い光沢。
渋い質感です。

注ぎ口はかなり丁寧に造られており水切れは抜群!
小型のサイズで酒器として良さそうです。
錫製品は古くから酒器として使われており、お酒を入れると雑味が抜け味と口当たりがまろやかになると言われています。


※大きな傷はありません。
しっかりした造りですが錫の純度が高いため柔らかく力を加えると凹みます。
古いものですので神経質な方はご購入をお控えください。


Blogで追加写真を掲載しております。【Blogへ】


size
直径:約11.8×6.8cm
高さ:約6.9cm
販売価格 0円(税込)

おすすめ商品


木彫刻土竜

22,000円(税込)


漆塗弁当籠

0円(税込)
SOLD OUT


【お取り置き】麦藁手掛分急須

8,800円(税込)
SOLD OUT


金剛盤

24,200円(税込)


御深井釉摺絵水注

38,500円(税込)


許認可・資格

古物商

桂山 尚希

岐阜県公安委員会

第531160002025号

Top